五振りの初期刀について、ちょっと考えてみた。

主に特別愛されていたむっちゃんに対するのは、主に特別愛されたい加州さん。
真作の誇りに胸を張る蜂須賀さんに対するのは、写しの誇りを胸に秘めた山姥切国広さん。

では歌仙さんは誰と対になってるのだろう。
雅な文系ながら物騒な謂れを持つ歌仙さんに対して、豪放な体育会系ながら人を斬ったことのないむっちゃんとか?