むっちゃんは立ち絵イラストで銃と刀の両方を持っていますが、ではそれをどう使い分けているのかについて、台詞から考察してみました。


まずは和泉守兼定さんとの新規手合せ台詞。

和泉守兼定「うん……? 予想以上に綺麗な剣筋……?」
むっちゃん「銃を使えん状況やったら、普通に剣術使うに決まっちゅうやんか」
———刀剣乱舞-ONLINE-『手合せ』より引用
これを見ると、和泉守さんは「オレもお前も邪道剣法」と言えるほどにはむっちゃんの戦い方を知っている(恐らくはむっちゃんと同じ隊で一度〜数度出陣し、その戦いっぷりを見たことがある)はずなのに、むっちゃんの剣技を見て「予想以上に綺麗な剣筋」と驚いていることから、

和泉守さんはむっちゃんが戦闘中(手合せではなく実戦)に刀を使ったのを見たことがない

≒むっちゃんは普段の戦闘時は刀でなく、銃を使っている

らしいことが分かりました。


では通常戦闘以外の場合、例えば一騎打ちの時はどうでしょうか。台詞では

さあ、早うち勝負じゃ!
———刀剣乱舞-ONLINE-『一騎打ち』より引用
と言っていますが、この「はやうち」とは銃を使っての「早撃ち」なのか、それとも刀での「早打ち」なのか、そのどちらを指しているのでしょうか。
これはかなり判断に迷うところですが、真剣必殺での

ええい、わしに抜かせたな!
———刀剣乱舞-ONLINE-『真剣必殺』より引用
という台詞から、

むっちゃんは真剣必殺を出す時、「自分に刀を使わせること」そのものを憤りながら刀を抜いている

≒実戦でのむっちゃんは絶体絶命の状態に追い込まれない限り刀を使わない、あるいは使おうとしない

≒一騎打ちも確かに追い込まれた状態ではあるけれど、むっちゃんの余裕ある口調からして、少なくとも真剣必殺の時のような絶体絶命状態には陥っていない

≒一騎打ちでの「早うち」とは、銃を使っての「早撃ち」のこと

と結論づけました。


となると、クリティカルヒットを出した時の

勝てばええんじゃ、勝てばなあ!
———刀剣乱舞-ONLINE-『会心の一撃』より引用
も、むっちゃんが実は非常に好戦的だから出た台詞というよりも、

「手段が銃であれ刀であれ、勝つことが出来ればそれでいい」

というニュアンスを含んだものなんじゃないかと推測出来ます。
ただ、こういうニュアンスの台詞は相手もしくは自分への言い訳という側面も持つものなので、「時代は拳銃ぜよ」と言ってはいても、やはり銃を使うことに対する若干の後ろめたさというか、割り切れない気持ちがあるのかもしれません。
その割り切れなさ———寂しさは、自己紹介時の

土佐じゃー名刀として評判やったがやけど、龍馬の時代じゃ、もう刀は時代遅れじゃった。けんど、それが世界というもんぜよ」
———刀剣乱舞-ONLINE-『刀帳』より引用
にもイントネーションとして表されています。すなわち、「土佐じゃー名刀として評判やったがやけど」は普通に、「龍馬の時代じゃ、もう刀は時代遅れじゃった」は寂しそうに、「けんど、それが世界というもんぜよ」はその寂しさを吹っ切るようにことさら明るくしゃべることで。


ではなぜ戦闘中は銃ばかりを使おうとするのか。
これについては、龍馬さんは銃で寺田屋の難を避け、刀である自分を使おうとした近江屋では命を落としたから、としか……。


むっちゃんと銃と刀については別角度からの推測も立ててみたんですが、それはまた別記事にて。