夜明け〜時間の中で〜

自陣陸奥守吉行さん考察用。考察用なので全編ネタバレ(完バレ)&萌え要素皆無注意
土佐弁勉強継続中
本編に出てこない裏設定は無効派
タイトルは「維新の嵐」EDテーマ曲より

カテゴリ:刀剣乱舞 > 考察

むっちゃんは立ち絵イラストで銃と刀の両方を持っていますが、ではそれをどう使い分けているのかについて、台詞から考察してみました。


まずは和泉守兼定さんとの新規手合せ台詞。

和泉守兼定「うん……? 予想以上に綺麗な剣筋……?」
むっちゃん「銃を使えん状況やったら、普通に剣術使うに決まっちゅうやんか」
———刀剣乱舞-ONLINE-『手合せ』より引用
これを見ると、和泉守さんは「オレもお前も邪道剣法」と言えるほどにはむっちゃんの戦い方を知っている(恐らくはむっちゃんと同じ隊で一度〜数度出陣し、その戦いっぷりを見たことがある)はずなのに、むっちゃんの剣技を見て「予想以上に綺麗な剣筋」と驚いていることから、

和泉守さんはむっちゃんが戦闘中(手合せではなく実戦)に刀を使ったのを見たことがない

≒むっちゃんは普段の戦闘時は刀でなく、銃を使っている

らしいことが分かりました。


では通常戦闘以外の場合、例えば一騎打ちの時はどうでしょうか。台詞では

さあ、早うち勝負じゃ!
———刀剣乱舞-ONLINE-『一騎打ち』より引用
と言っていますが、この「はやうち」とは銃を使っての「早撃ち」なのか、それとも刀での「早打ち」なのか、そのどちらを指しているのでしょうか。
これはかなり判断に迷うところですが、真剣必殺での

ええい、わしに抜かせたな!
———刀剣乱舞-ONLINE-『真剣必殺』より引用
という台詞から、

むっちゃんは真剣必殺を出す時、「自分に刀を使わせること」そのものを憤りながら刀を抜いている

≒実戦でのむっちゃんは絶体絶命の状態に追い込まれない限り刀を使わない、あるいは使おうとしない

≒一騎打ちも確かに追い込まれた状態ではあるけれど、むっちゃんの余裕ある口調からして、少なくとも真剣必殺の時のような絶体絶命状態には陥っていない

≒一騎打ちでの「早うち」とは、銃を使っての「早撃ち」のこと

と結論づけました。


となると、クリティカルヒットを出した時の

勝てばええんじゃ、勝てばなあ!
———刀剣乱舞-ONLINE-『会心の一撃』より引用
も、むっちゃんが実は非常に好戦的だから出た台詞というよりも、

「手段が銃であれ刀であれ、勝つことが出来ればそれでいい」

というニュアンスを含んだものなんじゃないかと推測出来ます。
ただ、こういうニュアンスの台詞は相手もしくは自分への言い訳という側面も持つものなので、「時代は拳銃ぜよ」と言ってはいても、やはり銃を使うことに対する若干の後ろめたさというか、割り切れない気持ちがあるのかもしれません。
その割り切れなさ———寂しさは、自己紹介時の

土佐じゃー名刀として評判やったがやけど、龍馬の時代じゃ、もう刀は時代遅れじゃった。けんど、それが世界というもんぜよ」
———刀剣乱舞-ONLINE-『刀帳』より引用
にもイントネーションとして表されています。すなわち、「土佐じゃー名刀として評判やったがやけど」は普通に、「龍馬の時代じゃ、もう刀は時代遅れじゃった」は寂しそうに、「けんど、それが世界というもんぜよ」はその寂しさを吹っ切るようにことさら明るくしゃべることで。


ではなぜ戦闘中は銃ばかりを使おうとするのか。
これについては、龍馬さんは銃で寺田屋の難を避け、刀である自分を使おうとした近江屋では命を落としたから、としか……。


むっちゃんと銃と刀については別角度からの推測も立ててみたんですが、それはまた別記事にて。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「土佐の名刀」でも書いたけど、むっちゃんの衣装及び容姿に龍馬さん要素は多分、ほとんどない(眼の色と髪のはね具合は要検証)。
龍馬さんへの思いを直接的に表した台詞もない。

にも関わらず、その言動や立ち居振る舞い、更には食べ物の好みまでもがまさに龍馬さんそのもの。この辺がほんとに興味深い。

台詞を見てみると、彼自身の自我から発したと思えるものが非常に少なく(自己紹介時の台詞くらい?)、「龍馬さんだったらこう言うだろう台詞」がそのほとんどを占めているのが目を引く。
自分を飾っている暇などないはずの刀剣破壊時の台詞までもがそうだから、ただの龍馬さん成りきりとは言い難いものがあると思う。

「彼」は一体、何者なんだろう? 非常に興味をそそられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

五振りの初期刀について、ちょっと考えてみた。

主に特別愛されていたむっちゃんに対するのは、主に特別愛されたい加州さん。
真作の誇りに胸を張る蜂須賀さんに対するのは、写しの誇りを胸に秘めた山姥切国広さん。

では歌仙さんは誰と対になってるのだろう。
雅な文系ながら物騒な謂れを持つ歌仙さんに対して、豪放な体育会系ながら人を斬ったことのないむっちゃんとか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

実は五振りの初期刀たちはそれぞれ歴史改変に関わっていたことがあって、改変された歴史がえらいことになってしまったのを目の当たりにしてしまったゆえに、改変しようとしている過去の自分及び自分の仲間たちを止めるために初期刀として来た、ていう解釈も面白いかも。
だからこそ、彼ら五振りだけは何があろうとも改変側に寝返らない……とか。

その記憶をまるっと持っててもいいし、改変しようとしたこと自体は忘れてしまったけど、その結果えらいことになったことだけはぼんやり覚えてて、「改変ダメ!」となってるのも面白い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

一つ気になってるのが、むっちゃん見た目から言動から食べ物の好みまで元主・坂本龍馬さんクリソツなのにもかかわらず、龍馬さんに直接言及している台詞がまるで無い、ということ。
刀帳の自己紹介台詞にある


坂本龍馬の佩刀として知られちゅうね

———『刀剣乱舞-ONLINE-』より引用

は、相手がより理解しやすいように自己紹介しているだけだし、続く


土佐じゃー名刀として評判やったがやけど、龍馬の時代じゃ、もう刀は時代遅れじゃった。

———『刀剣乱舞-ONLINE-』より引用

は龍馬さんへの思いではなく、時代の流れを少しさみしく思っているという一種の自分語り。

……
他のメンバーは元主に対しての気持ちをはっきりと、あるいはあいまいにでも表してるのに、むっちゃん自身は龍馬さんをどう思ってたか、確かそれをはっきり示した台詞はなかったと思う。
完コピとも言われるほどのクリソツぶりなのにこれは一体どういうことなのか、ちょっと考えてる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

噂によると、長曽祢虎徹の入手確率は0.058%だとか。

刀剣乱舞速報−とうらぶまとめ:
【刀剣乱舞】髭(長曽祢虎徹)の入手確率は0.058%、1720回倒せばほとんどの人は手に入る!←ドロップ率2倍でも絶望的じゃねーか!!!!!

FC版ドラクエIIIで、アカイライを倒して「さとりのしょ」を入手する確率が0.048%。1/1024です。
当時はネットがなかったとはいえ、約380万本を売り上げ、多くのプレイヤーが夢中になってプレイしたドラクエIIIでさえ「さとりのしょ」を入手したという噂は全く聞かなかったくらいですから、長曽祢虎徹入手の難易度の高さが伺えます。

ていうか「さとりのしょ」でさえ誰でも宝箱から1個は入手出来るし、しかもわざわざ2個めを手に入れなくても他に楽な救済手段があるというのに、わずか2人しか投入していない新キャラを「さとりのしょ」並みの入手難易度にするのはちょっとわけがわかりません。

他ゲーのように新キャラが1ヶ月に15〜20人くらい投入され、その中の一人が超々レアキャラとしてこの発見確率になっている、というのならまだ分かりますが……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

初期刀が裏切らない理由はプレイヤーによって様々だと思うけど、自陣のむっちゃんが裏切らない理由の一つは、未来の本(特にSF)をたくさん読んで「歴史はつじつま合わせをする」論理にハマったから。

「歴史はつじつま合わせをする」それは、タイムマシンで過去へ飛んで過去の出来事や人に干渉し、未来を変えようとしても、歴史がつじつま合わせをしてくるために大筋の結果は変わらない、という考え。
例えば、本来死ぬはずだった人を救い出したとしても、「歴史がつじつま合わせをしてくる」ために結局はさほど遠くない日に別の原因で死んでしまうし、逆に生きて偉業を成し遂げるはずだった人を亡きものにしても、やはり「歴史がつじつま合わせをしてくる」ために、他の誰かがその人に変わって偉業をやり遂げるため、「やり遂げた人」は変わっても「やり遂げた結果」そのものは変わらない。

歴史がつじつま合わせをしてくるのは、「人」ではなく「結果」。
だから、本来生命を落とすべき人が生き残ると「その人が生命を落とす」という結果のつじつま合わせをしてくるし、本来生きるべき人が死ぬと、「その人が成し遂げるはずだった」結果のつじつま合わせをしてくる。
かわぐちかいじ氏の「ジパング」は、歴史が人の死のつじつま合わせをしてきた例の一つ。
現代から第二次世界大戦の只中へとタイムリープしてきた主人公たちが、山本五十六元帥を死の運命から救い出したけれど、元帥は結局のところ、わずか二時間後に銃で撃たれて命を落としてしまう。
逆にそれを応用し、歴史に任せず自分から「結果のつじつま合わせ」をすることによって、「人」の未来を変えるのを目こぼししてもらったのがドラえもん。

ともあれ、この考えでいけば。
もしもむっちゃんが過去へ戻って龍馬さんを救い出したとしても、歴史が「龍馬さんの死という結果」のつじつま合わせをしてくるために龍馬さんは結局近い日に別の原因で命を落とすことになってしまうし、また運良く(?)生き残らせることが出来たとしても、つじつま合わせが変な風に働いて、龍馬さんの功績も活躍もごっそり他の誰か他の人のものとして書き換えられ、歴史の隅に埋もれ忘れ去られてしまうかもしれない———変えられた未来が、修正者の都合の良いようなものになるとは限らないので。

けれど、過去を変えなければ。
その肉体が滅んでも、彼の名を、功績を、あるいはその志を語り継ぐ人々の心の中で、龍馬さんはいつまでも「生き続ける」ことが出来る。
儚い生命しか持たぬはずの人が、久遠の命を得ることが出来る。
それが叶うのは、他ならぬ「今」の歴史、「今」の世界だからこそ。
それを知っているから、むっちゃんは歴史に干渉しようと思わないし干渉を許さない。


ちなみに、歴史がつじつま合わせをしてくれなかったらどうなるか? を表した一例が、ちょっと古いけどスタートレック1stの「危険な過去への旅」。
時空の門をくぐり、過去のアメリカへ渡ったエンタープライズ号のクルー達は、自動車に轢かれる寸前の女性を助ける。だがそのために未来が書き換わり、戻った世界は独軍の支配下に置かれてしまっていた。
実は彼らが救った女性は平和論者であり、「本来なら彼女が成し得なかった未来」に世論を平和論で動かして、当時の大統領をも説得し、アメリカの参戦を一年遅らせていた。
その参戦の致命的な遅れが、ドミノ倒しのように連合軍の敗北に繋がっていたのだった。
それを知った彼らは、意図せず変えてしまった未来を元通りに戻すため、過去への干渉を「なかったこと」にして未来改変を阻止した。……すなわち、今まさに命を落とそうとしている女性をそのまま見殺しにすることで。

過去を変え、なおかつ歴史がつじつま合わせをしてくれなかった場合、大体は悪い方へ———過去を変えた者が「こうなって欲しい」と願った方とは逆の方向に転がるという一例。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ